3月 08 2016

Chet Baker伝記映画『Born to Be Blue』が好評

ジャズの偉人、チェット・ベイカーをイーサン・ホークが演じる伝記映画『Born to Be Blue』が好評だ。
チェット・ベイカーは、偉大なトランペット奏者でシンガーだったが、ヘロイン中毒とうつ病でキャリアが瓦解したミュージシャンだが、ドラッグ売買時にひどく殴られたことで演奏にも影響が出たものの、きちんとカムバックを果たしている。彼のキャリアの後半には、エルヴィス・コステロがアルバム『Shipbuilding』で演奏を依頼し、1987年にはフィルム化された日本ツアーも行っている。1988年に、ベイカーの遺体がオランダのホテルの外で見つかったが、死因は謎のままだ。
彼の人生は、すでに『Let’s Get Lost』という有名なドキュメンタリー映画にもなっている。