Jun 08 2016

Revolting Cocksがアメリカで再結成ツアー

リヴォルティング・コックスがWax Trax!からリリースしたアルバム『ビッグ・セクシー・ランド』の30周年を記念して、数人のオリジナルメンバーによる再結成ライブを行う。ザ・コックス(The Cocks)名義で行なわれるこのミニツアーでは、アメリカで6日間の公演を予定している。再結成メンバーは、フロント242のリチャード・23、リュック・ヴァン・アッカー、クリス・コネリー、ポール・ベイカー。1987年から93年にかけてリヴォルティング・コックスでベース、キーボードとプログラミングを担当したポールは、ミニストリーの中核としても活躍し、最近ではトゥール/パーフェクト・サークルのメイナード・ジェームス・キーナンによるプロジェクト・バンド、パシファイヤーのツアーに参加した。ザ・コックスのミニツアーは9月16日のニューヨーク公演が初日となる。