Jun 23 2016

Donald TrumpがNeil Youngの曲を使用

一部のメディアは、ニール・ヤングが自身の楽曲をドナルド・トランプが使用することを容認する発言をしたと報じている。しかし、実際にヤングが言いたかったのは、アーティストが自分の作品が何処で流れるかコントロールする法的な権利を持たない故の、“包括許可”にすぎないということだ。この裏付けとして、ニールは最近のライブでステージから“くたばれ!ドラルド・トランプ!”と叫んでいる。また、トランプが使用した曲「ロッキン・イン・ザ・フリー・ワールド」は、Aメロ部分を聞けば歌詞の持つ暗い意味がわかるはずで、アメリカを支持する曲として明らかに相応しくないと指摘している。