Oct 04 2016

Ben Ellmanがプロデュース業で飛躍

ギャラクティックのサックスフォン/ハーモニカ奏者として有名なベン・エルマンが、最近はプロデューサーとしても活躍している。長年に渡ってギャラクティックのアルバムをプロデュースしてきたエルマンだが、その他にもグラミー賞にノミネートされたトロンボーン・ショーティのアルバム、ザ・リバイバリスト(アメリカのAAAラジオチャートで最近1位を獲得)、高い評価を受けるニューオーリンズ出身のソウル・レベルズをプロデュースしている。また、最近手がけているニューオーリンズの若手バンドのストゥープ・キッズは、エルマンがプロデュースしたシングル「キュリアス・マン」で話題に。ブルーノ・マーズ風のアップビートな同曲は、一部の間ではケイティ・ぺリーの「アイ・キスド・ア・ガール」を意識した回答的な曲だと言われている。