1月 09 2017

新生King Crimsonが2017ツアーを開催

ロバート・フリップが、新生キング・クリムゾンと2017年ツアーを行うことを発表した。この最新のキング・クリムゾンは8人編成。
メンバーの中でも有名なのは、ピーター・ガブリエルとの共演で知られるトニー・レヴィン。レヴィンは、ジョン・レノンやピンク・フロイド、デヴィッド・ボウイやスティービー・ニックスなどと、500枚以上のアルバムに参加している。
他のメンバーには、マルチ・インストゥルメンタリストで、若い頃はミニストリーや、リヴォルティング・コックス、ナイン・インチ・ネイルズなどのインダストリアル・ミュージックのバンドでドラムを演奏していたビル・リーフリン。リーフリンは、1997年にR.E.M.のビル・ベリーが脱退した後、正式なドラマーとしてバンドに参加していた。
また、イギリスのサックス・マン、メル・コリンズも名を連ねている。コリンズはプログレッシブ・ロック・バンドのキャメルで演奏していたことで有名になり、のちにアラン・パーソンズ・プロジェクトに参加している。彼は、他にもローリング・ストーンズの「Miss You」で素晴らしいサックスのソロを吹いていることでも知られている。