1月 14 2017

オークランド火事追悼イベント

カリフォルニア州オークランドで、12月2日に発生したアート・スペース、ゴーストシップの火災では36人が亡くなり、そのほとんどが地元のアーティストやミュージシャンだった。反響は未だ不透明だが、市に対して火事の危険がある倉庫の使用についての規制を働きかける人や、オークランドに、もっと安全で廉価なアートのための施設を求める声などが増えているという。
グレイ・エリア・アート基金は、火事の被害者の家族のためと、オークランドでのこれからのアート活動のためとして、50万ドルを集めた。
また、地域のアーティストが集まってオークランド・ユナイテッドと銘打たれたイベントが12月14日に開催された。参加ミュージシャンはパンク・ファンクマスターのプリムス、オルタナロックグループのtUnE-yArDsやローグ・ウェーブ、ヒップホップ共同体のヒエログリフィックス、アンビエント・アーティストのクリストファー・ウィリッツやThyco他多数。会場はオークランドのフォックス劇場だった。