Jan 26 2017

元Mott the HoopleのPeter Overend Wattsが死去

癌との闘病の末、イギリスのロックバンド、モット・ザ・フープルのベーシストとして有名なベーシスト、ピート・”オーヴァーエンド”・ワッツが、69歳で亡くなった。一年前に死去した、幼馴染でバンドの立ち上げメンバーだったデイル・”バッフィン”・グリフィンを追う形になった。この二人はモット・ザ・フープルの前身となるサイレンスを結成する前にいくつかのバンドに共に参加していた。プロデューサーのガイ・スティーブンス(ザ・クラッシュ、フリー)と契約した際にステージネームの変更を勧められ、ワッツはオーヴァーエンドをミドルネームとして加え、自分のステージネームとした。アイランド・レコードに所属している間は、ライブには非常に人気があったものの、チャートでは鳴かず飛ばずが続く。解散一歩前になったとき、彼らのファンだったデイヴィッド・ボウイが曲を提供、この曲がのちに彼らのテーマとなる「All the Young Dudes」だった。この後にリリースされた「Mott」も国際的な大ヒットになる。この後すぐにバンドはガタガタになるも、何年も人気を維持。2009年には大成功の再結成ライブツアーを敢行した。
安らかに眠ってほしい。