Feb 13 2017

Sonny Geraci、69歳で死去

クリーブランド生まれのポップ・シンガーで、1960年代はアウトサイダー、1970年代はクライマックスのリードシンガーとして全米ヒットを連発した、ソニー・ゲラチが69歳で亡くなった。ゲラチは2012年に脳動脈瘤を患い、以来病床にあった。
ソニー・ゲラチは、ミュージシャンとしてのキャリアをスターファイアというバンドで開始。ジェームズ・ギャングのドラマー、ジム・フォックスとはここで初めて会った。その後メンバーを少し入れ替え、バンドの名前を変更、アウトサイダーズとなり、キャピトルと契約。彼らのヒット曲「Time Won’t Let Me」は全米トップ5ヒットになり、100万枚を超えるセールスとなり、のちにバッキンガムズ、プリムソールズやイギーポップにカバーされた。アウトサイダーズには、この他、アイズレーブラザーズのリメークを含む3曲のベスト40ヒットがあるが、一般的には一発屋と思われている。三枚のアルバムをリリースした後、バンドは解体を始め、一時的に二つのアウトサイダーズが存在していたこともある。法廷での闘争の後、ゲラチは自分のバンドの名前をクライマックスに変更し、1972年に「Precious and Few」で全米3位のヒットを飛ばす。
1980年には音楽業界を離れたが、のちにオールディーズのサーキットに舞い戻り、ツアーを中心に活動していた。