Apr 17 2017

Greatful Deadがベイエリアに影響力

サンフランシスコのベイエリアは、グレートフル・デッドの影響が未だ強い。メンバーの一部は、ギタリストのジョン・マイヤー率いるデッド・アンド・カンパニーとしてツアーをしつつ、その全員がサイド・プロジェクトも行なっている。数年前にベーシストのフィル・レッシュが、サン・ラファエルにライブ・スポット、テライン・ステーションを開店。サン・ラファエルはデッドメンバーのほとんどが住んでいる町で、70年代からバンドのオペレーションはここから行われている。
ボブ・ウィアーは、ごく最近、1972年から続くミル・ヴァレーの著名なライブハウス、スウィートウォーター・ミュージック・ホールに投資した。