Apr 22 2017

ギタリストAllan Holdsworthが他界

ジャズ、ロック、フュージョンのギタリストとして著名なアラン・ホールズワースが70歳にして他界した。死因は発表されていない。
イギリス、ブラッドフォード出身だが、ホールズワースはもう何十年も南カリフォルニアに在住していた。彼の名前が最初に有名になったのは、奇妙な名前のバンドIggenbottomのファーストアルバム『Iggenbottom’s Wrench』から。セールスはそこそこといった塩梅だったものの、カルト的人気を博した(共同プロデューサーは東京在住のモーガン・フィッシャー)。
ギタリストとして非常に評価が高く、ソフト・マシーン、ピエール・ムーランズ・ゴング、スタンリー・クラーク、ビル・ブルフォード、トニー・ウィリアムス、チャド・ワッカーマンなどの多くの著名なアーティストと共演してる。ブルフォード、ヴァイオリニストのエディ・ジョブソン、ジョン・ウェットンと共にスーパーグループ、UKにも参加している。しかし、これらのグループは人気はあるものの、チャート上位に来ることはなかった。ホールズワースは「ギタリストの好きなギタリスト」としてよく知られていて、エディ・ヴァン・ヘイレン、フランク・ザッパや、ジョー・サトリアーニなどに敬愛されていた。安らかに。