May 18 2017

Dionが『Kickin’ Child』をリリース

ディオン(本名ディオン・ディムーチ、77歳)が遅ればせながら『Kickin’ Child』をノートン・レコードから発売することになった。このアルバムは1965年にコロムビアで録音されたが、意見の相違があり日の目を見なかった。プロデューサーはトム・ウィルソンで、同じくウィルソンがプロデュースしていたボブ・ディランのカバーが3曲含まれている。最近は名前を聞くことも少ないが、50年代、60年代の、特に彼の地元であるニューヨークでは絶大な人気を誇っていて、「The Wanderer」「Run Around Sue」などの大ヒット他、数々のヒット曲を飛ばしている。またロバート・ケネディ大統領の暗殺後、「Abraham Martin and John」というエモーショルな曲をリリースし、公民権運動のテーマソングに使われた。また、Mott the Hoopleが録音した反ドラッグの曲「Your Own Backyard」は一時代を築いた。1998年にはルー・リードの推薦でロックの殿堂入りした。このアルバムのライナーノーツはファンで友人のスコット・”トップテン”・ケンパー(ディクテーターズ、デル・ローズ)が書いている。