Jun 02 2017

DYGLが東南アジアツアーを無事終了

日本のインディーズバンドDYGLは、クアラルンプール、バンコク、台北、ソウル、そしてジャカルタを行脚した東南アジアツアーを終えた。今年の夏はフジロックに参加し、その後中国でのツアーを敢行する予定。
DYGLは、新譜『Say Goodbye to Memory Den』の発売記念ツアーで日本国内のみならず、海外も回っている。このアルバムはStrokesのメンバー、アルバート・ハモンド・Jr.がプロデュースしている。DYGLのリーダーNobuki Akiyamaの歌う英語は非常に自然で、バンドのサウンドも英ポップやブルックリンのオルタナロック的なフレーバーが漂っている。