Sep 27 2017

Adrian BelewがFrank Zappaホログラムツアーへの不参加を表明

最初にフランク・ザッパとの演奏で有名になり、トーキング・ヘッズ、デヴィッド・ボウイ、キング・クリムゾンなどとの共演で知られる著名なギタリスト、エイドリアン・ブリューがフランク・ザッパのホログラムツアーに「ほぼずっと」不参加だと表明した。彼は、ザッパ家族財団によってツアーの参加者として名指しされたザッパ元メンバーのひとりだった。

ドゥイージル・ザッパも家族財団とザッパ、ドゥイージル・ザッパという名前の使用権について係争中だが、財団によるとこのホログラム・ツアーに参加予定とされていた。しかし本人は、自身のプレスリリースの中で自分は参加しないし、これへの参加について相談を受けてもいないと言っている。さらにドゥイージルは、彼との裁判費用として使用されている金の一部は彼が「ザッパ・プレイズ・ザッパ」ツアーで財団のために稼いだ金だと批判。

フランクの妻ゲイルが2015年に死亡した後、ザッパ家族財団は一番下の息子であるアーメットによって運営されているが、彼は50万ドル以上の金額を裁判費用として、ゲイルの定めた方針の通り、フランク・ザッパの音楽に関わる多くの人々に対して訴訟を起こしている。この中には、元バンドメンバーやファンも含まれ、多くの場合、不条理な理由による訴えとなっている。