Oct 06 2017

偉大なるTom Petty、死去

偉大なるトム・ペティが他界した。トム・ペティ&ハートブレーカーズは、元々はフロリダの出身だが、デビューアルバムはロサンゼルス、レオン・ラッセルとデニー・コーデルのシェルター・レコードで録音した。バンド名を冠したアルバムは1976年に発売され、ゆっくりとだが確実にファンを増やす。1977年の夏にはニルス・ロフグレンの前座としてイギリスツアーを行い、彼らの曲「Anything That’s Rock’n’Roll」はUKチャート24位になっている。アメリカでは、シェルターがリリースしたプロモ用EP『Official Live ‘Leg』がラジオ放送でそこそこの回数放送される。このEPは後にコレクターズアイテムとして人気になった。「Breakdown」というシングルはビルボードで40位につける。「American Girl」はFMでそれなりに放送されたが、チャートでは発売1年経っても55位止まり。1978年の新曲「You’re Gonna Get It」がその後23位となる。しかし、彼を本当のスーパースターにしたのはジミー・アイオヴィンがプロデュースした3枚目のアルバム『Damn The Torpedoes』で、300万枚以上売り上げ、チャート2位となった。その後、バンドは8億枚のアルバムを売り上げることになる。

ペティの初来日パフォーマンスは1980年4月22日で、読売ホールでのコンサートだった。1986年には、トム・ペティ&ザ・ハートブレーカーズはボブ・ディランの前座兼バックバンドとして日本ツアーを行った。

ペティは同時にソングライターとしても知られている。彼の曲は、ジョニー・キャッシュ、グレース・ジョーンズ、リンダ・ロンシュタット、グレン・キャンベル、ジョン・メイヤー、ザ・ルミニアーズ、テイラー・スウィフトやスティーヴィー・ニックスにもカバーされている。

安らかに。