Nov 23 2017

Jimmy Buffetが新たなビジネスを立ち上げに

ベテランのシンガーで、実業家でもあるジミー・バフェットがすでに大きい彼の事業帝国をさらに広げようとしている。

日本では、あまり来日しないこともあり、それほど知られていないバフェットだが、北米では彼はスーパースターの1人だ。彼のヒット曲である「Margaritaville」や「Cheeseburger in Paradise」「Come Monday」などはラジオ局では鉄板で、彼のライブには大勢のファンが詰めかける。バフェットのイメージはビーチが好きなボート乗り、パーティ好きの、楽しいことが大好きな男で、いつもアロハシャツを着ているというもの。また、彼は作家としても成功していて(デビュー作の「A Pirate Looks At Fifty」はナンバー1ベストセラーになった)、自分のレコードレーベルを持ち、彼の曲は多くの映画にフィーチャリングされ、映画にも自分役でカメオ出演したりもしている。また、彼はレストラン・チェーンのオーナーでもあり、テキーラやビール(Land Shark Lagar)のブランドを所有、食品ブランドであるマルガリータヴィル・フーズ(チップス、サルサ、ワカモレなどを提供)、カジノも1軒所有している。

雑誌のフォーブスの計算によると、彼の年収は5千万ドル(約55億6千万円)を超えるとされている。よく噂にはなるが、投資家のウォーレン・バフェットは友人ではあるが親戚ではない。

現在、彼はフロリダ州のデイトナ・ビーチに10億ドルかけて引退した人々のためのコミュニティを作ろうとしている。バフェット本人は現在70歳だが、彼に引退の兆しは全くない。