Nov 30 2017

ジャズシンガーJon Hendricks死去

ジャズシンガーのジョン・ヘンドリックスが80歳にしてこの世を去った。ヘンドリックスはヴォーカリーズというスタイルを有名にし、ジャズのスタンダード・インストゥルメンタル曲にオリジナルの歌を多くつけたことで知られている。

彼はランバート・ヘンドリックス&ロスというジャズ・ヴォーカルグループで商業的に大成功した。ヘンドリックスはオハイオ州に、牧師の15人の子供の1人として生まれ、教会で聖歌を歌って育った。若かりしアート・テイタムとはオハイオで出会い、2人は技術を向上するためよく一緒に練習したという。その後、デイヴ・ランバートに会い、彼らはカウント・ベイシーの曲に共同で歌詞をつけていった。アニー・ロスともタッグを組み、3人でワーデル・グレイのサックス・ソロを元に「Twisted」という曲(後にジョニ・ミッチェルがカバーする)を作成。これが大人気となる。

この後、彼は5年間ロンドンに拠点を移動し、そこからカリフォルニア州の大学でジャズを教えるかたわら、ステージ・ショウとなる「Evolution of the Blues(進化するブルース)」を手がけるが、両方ともが音楽の歴史に深く関わる活動だった。1986年、彼はマンハッタン・トランスファーのアルバム『Vocalise』への貢献により、グラミー賞を受賞。1988年にはカーメン・マクレエのためにセロニアス・モンクの曲へ歌詞をつけたアルバム『Carmen Sings Monk』の歌詞を提供。1997年にはウィントン・マルサリスとコラボレーションを行い、2015年にはマイルス・デイヴィスのアルバム『Miles Ahead』に歌詞をつけた。安らかに。