Dec 20 2017

サックス奏者Ralph Carneyが他界

サックス奏者のラルフ・カーニーが61歳で他界した。カーニーは、オハイオ州アクロンをベースに活動したバンド、ティン・ヒューイで最初に知られるようになった。その後フリーの演奏者として活動しつつ、B-52’sやギャラクシー500、セント・ヴィンセント、マーク・リボー、エルヴィス・コステロ、ブラック・キーズ(このバンドには甥のパトリック・カーニーが所属している)などと活動。またことさら有名なのは、トム・ウェイツのアルバム『Rain Dogs』(1985年)、『Bone Machine』(1992年)、『Black Rider』(1993年)での演奏だ。ローラ・トーレルによるドキュメンタリー『This Is! Ralph Carney』は何年も前より制作中で、幾度かプレビューもしたものの、公式リリースはまだだという。