Mar 23 2018

Green Day、地元での大きな影響

2016年のアルバム『Revolution Radio』以降アルバムを発表していないグリーン・デイだが、サンフランシスコの米エリアでは未だ大きな存在感を示している。地元のバンドを支え続け、最近はサクラメント高校のメロディック・パンク・バンド、デストロイ・ボーイズを助け、ドキュメンタリー『Turn It Around: The Story of East Bay Punk』のプロデュースを手がけている。マイク・バーントはレストラン・チェーンルディーズ・キャント・フェイルを部分所有、ビリー・ジョー・アームストロングはオークランドのギター店ブロークン・ギターズ(フォーティース・ストリート423番地)を所有している。このところ、グリーンデイのメンバーはアルバニーの音楽スポット、アイヴィー・ルームでカヴァー・アップスという名前で活動中だ。彼らの演奏曲にはリプレースメンツ、ナーヴス、ラモーンズ、アイロン・メイデン、ローリング・ストーンズ、プリムソールズ、トム・ペティ、デヴィッド・ボウイやダムドなどが含まれている。