Apr 04 2018

フジロックにIrma Thomasが参加

今年フジロックで来日する素晴らしいアーティストの中に、グラミー賞受賞「ニューオリンズのソウル・クイーン」と呼ばれるイルマ・トーマスが参加することがわかった。彼女は1959年、18歳の時「Don’t Mess With My Man」でデビュー。作曲家兼プロデューサーのアラン・トゥーサンと「It’s Raining」(ジム・ジャームッシュの映画『Down By Law』などに使われている)や「Ruler of My Heart」や、オーティス・レッディングが歌い大ヒットになった「Pain in My Heart」などのヒットを飛ばす。彼女の歌は、ローリングストーンズの「Time Is On My Side」やトレーシー・ウルマンの「Breakaway」などカバーでも大きなヒットが多い。他にも、彼女は偉大な作曲家のダン・ペンの曲もよく歌っていて『My Heart’s In Menphis』などはアルバム1枚が丸ごと彼の曲で構成されている。女王の来日が待ち遠しい。