Jul 17 2018

Theryl “Houseman” DeClouetが他界

セリル・”ハウスマン”・デクロウが、何年かの闘病生活の後66歳で他界した。一般にはファンクバンド、ギャラクティックのオリジナルのボーカリストだったことで良く知られているが、彼はニューオリンズでは有名人で、インディーレーベルでソロアルバムを録音しつつ俳優としても活動していた。10年間参加した後に2004年、糖尿病が悪化したことからギャラクティックのツアースケジュールについていけなくなりバンドを脱退したが、スペシャルなイベントなどでは参加もしていた。彼の脱退後、ギャラクティックは様々なシンガーを使っていて、最も最近のボーカリストはエリカ・フォールズだった。

ハウスマンはギャラクティックに参加する前はザ・リリックスや日本でカルト的な人気を博したホリーグローヴの『New Orleans Best Kept Secret』にも参加している。その後彼はパーカッショニストのマイケル・ワードとニューオリンズ・スタイルのファンクバンドリワードを結成、日本にもツアーで訪れていた。ギャラクティックのバンドメイトになるグループとは現在ニューオリンズで最も有名なファンク・ライブハウス、べニーズ・ブルー・バーでリワードとしてのライブで出会った。当時彼らのほとんどは大学生だったという。ハウスマンの遺作になる最新アルバムは『The Truth Iz Out』で、ニューオリンズのスター、イヴァン・ネヴィルやジューン・ヤマグチなどがゲスト参加している。