Nov 16 2018

カリフォルニア州の山火事でスター宅も焼失

カリフォルニア州は現在、過去類を見ないほどの山火事に襲われている。北カリフォルニアで「キャンプ・ファイア」はパラダイスの町を焼き尽くし、48人が死傷した。南カリフォルニアでは「ウールジー・ファイア」がマリブの家を焼き、マイリー・サイラスやニール・ヤングなどのスターの家も被害に合っている。アメリカ大統領のドナルド・トランプはツイッターで「もっと多くの製材業が許可されていたらこのような悲劇は起こらなかっただろう、管理が行き届かないのが問題だ」という趣旨の愚かしいツイートを流しているが、実際には火事の被害に合った土地はほとんどが連邦政府の管理下、つまりトランプ自身の管理区域内だった。マイリー・サイラスは、消防士や警察官の努力に感謝するメッセージを公表。ニール・ヤングはトランプに対して彼はアメリカを率いるに「相応しくない」、科学を否定している、議会は彼を弾劾すべきだと厳しく批判している。ニール・ヤングは結婚して3ヶ月の妻ダリル・ハンナと住んでいたが、サンタ・クルズの山に牧場と、ハワイにも家がある事が知られている。