Dec 04 2018

3月にRyuichi Sakamotoも参加の原子力反対コンサートが開催

2019年3月23日、24日にNo Nukes(原子力反対)コンサートが予定され、坂本龍一、アジアン・カンフー・ジェネレーション、アシッドマン、ザ・ハイエイタスやブレーメンなど、トップアーティストが参加予定。最初のNo Nukesコンサートは1979年にマディソン・スクエア・ガーデンで開催され、ジャクソン・ブラウン、ボニー・レイットやグラハム・ナッシュが主催者に混じって演奏した。それ以降もNo Nukesの活動は不定期に続けられた。日本人アーティストの多くは政治的な立ち位置を明確にしないが、RCサクセションは1988年に非常に有名になったエディ・コクランの「サマータイム・ブルース」に日本語で歌詞をつけた反核ソングを録音している。東芝EMIは、親会社の東芝が原子力発電に多額の投資をしていることからこのアルバムの発売を拒否。しかし、後にRCサクセションの『Covers』アルバムは発売され、大ヒットとなった。日本で最初のNo Nukesイベントは福島原発のメルトダウンとその後起こった環境危機に際し、2012年に開催された。東京電力の緩い危機管理や政府が問題を隠蔽しようとしたことにより、多くの人がより心配や怒りを深めることになった。来年のイベントに参加のミュージシャンと、多くの企業利益よりも公共の安全を大切にする人に感謝したい。