Jan 06 2019

Pegi Youngが他界

癌との闘いの末、ペギー・ヤングが66歳の若さで他界した。本名マーガレット・モートンが1974年にニール・ヤングと出会った時、彼女は北カリフォルニアのダイナーで働いていた。彼らは1978年に結婚、ベンとアンバーの2人の子供に恵まれた。ベンは、ニールと女優のキャリー・スノッドグラスとの間の子、ジークと同じように、脳性麻痺を患っていた。ベンとジークは養護学校に通っていたため、ヤング一家は学校の為に寄付金を募るなどの活動を熱心に行っていた。ザ・ブリッジ・スクール基金によるコンサートは30年間続いた例年のチャリティイベントとなり、ブライス・スプリングスティーン、ラジオヘッド、トム・ペティ、トム・ウェイツ、メタリカ、ボニー・レイットなど多くのアーティストが参加し、毎年100万ドル以上の寄付金を集めていた。一時期、ペギーはニールのバックコーラスとしてツアーにも参加。2007年には、スプーナー・オールドハムなどニールを通じて知り合ったミュージシャン達と自分の名を冠したソロアルバムを製作した。彼女はまた、ファーム・エイドを始めとする多くのチャリティに関わっていた。ニールとペギーは36年間の結婚生活の後、2014年に離婚。ニールは2018年夏に女優のダリル・ハンナと再婚した。

ペギー・ヤング、安らかに。