Jan 26 2019

Karl DensonのTiny Universeが新譜を3月に発売予定

カール・デンソンのタイニー・ユニバースが、セブン・スフィア・レコードから新譜『Gnomes & Badgers』を3月8日に発売する予定だ。デンソンのいつものバンドメンバーに加え、ゲストでキーボード奏者のチャック・リーヴェル(オールマン・ブラザーズ、ローリング・ストーンズ)、ギタリストのルーカス・ネルソン(ウィリー・ネルソンの息子)、そしてニューオリンズをベースに活動するスウェード・アンダース・オズボーン、ダムスタファンクのイヴァン・ネヴィルなどが参加する。カール・デンソンは非常に幅広いキャリアを構築している。グレイボーイ・オールスターズを共同創立、レニー・クラヴィッツ・バンドに何年か参加し、同郷の南カリフォルニア出身のバンド、スライトリー・ストゥーピッドに繰り返しゲストとして参加、ニューオリンズのスーパー・ドラマー、スタントン・ムーアと共演し、ローリング・ストーンズとも共演している。カールはまた、ローリング・ストーンズのサックスを重要視した『Sticky fingers』アルバムや他のストーンズの曲を演奏する為にプロジェクト・バンドを結成。ストーンズのサックス奏者、ボビー・キーズが病気になると、カールが代打として呼ばれた。キーズがその後他界した為、カールはストーンズのサックス奏者となる。2001年にはブルー・ノートから非常に評価の高いジャズアルバム『Dance Lesson No.2』をリリースしている。n No.2”.