Mar 05 2019

Ken Nordineが他界

歌手のケン・ノーディーンが2月19日、96歳で他界した。彼はジャズという言葉を作った男として知られている。1956年のデビュー曲のタイトルが『Word Jazz(ジャズという言葉)』だった。彼の音楽のユニークで詩的な言葉使いによって、「ビートニク」「ウィアドー」と呼ばれることもあった。彼はよくエドガー・アラン・ポーやフランツ・カフカと比べられる。彼の1967年のアルバム『Colors』は、ラヴェンダー、オリーブ、ピュースなどを含む34色の色についての考察だった。通常はジャズミュージシャンと考えられていたが、グレイトフル・デッドやデヴィッド・ボウイ、ザ・ジャクソンズとも共演していた。彼はまた、ナレーションの仕事もしていて、作家のモーリス・センダックの作品や、映画、広告などでも良く知られている。また、彼は映画「エクソシスト」でリンダ・ブレアのヴォーカル・コーチを務めた事も有名だ。本物のオリジナルだった人物だ。安らかに。