May 30 2019

Spotifyがロイヤリティ増額に反意、バッシングに

作曲者のオンライン収入を守るためにアメリカで決まったロイヤリティ増額の取り決めに対して、アップルが受け入れたのに対し、スポティファイが拒否の姿勢を示したことで、スポティファイは多くの作曲者や、音楽業界のリーダー達から激しい非難を受けている。全米音楽パブリッシング協会や多くの作曲者がこのムーブメントをリードしている。アーティストらに敏腕マネージャーとして名高いアーヴィング・アゾフはツイッターで「アップルはアーティスト・ビジネスを理解している。Google、パンドラ、スポティファイは全くわかっていない」と意見を表明。アリアナ・グランデ、フォール・アウト・ボーイやグウェン・ステファニに曲を提供しているソングライターのジェイソン・トランターは「曲が存在しなければこれらのテクノロジー会社には売るべきものがないだろうに。恥ずべきことだ」と言っていたと言われている。音楽業界でのトップ弁護士であるダイナ・ラポルトはもっとはっきりと「スポティファイ、なんて安っぽいゴミ野郎なの。ふざけた寝言をどっかにやってちょうだい…恥を知るべきです」と発言。多くの言葉が投げつけられる中、アーティストらと仲の良いスポティファイ版権事業の世界統括部長だったアダム・パーネスは6月3日に有効となる退職届を提出したという。