Jun 22 2019

ビートルズファン必見の演劇「This Girl」

ビートルズファン必見の新たな劇がお目見えする。演劇『This Girl』がこの夏リヴァプールでこけら落としとなる。この劇はジョン・レノンの最初の妻、シンシア・パウエルがレノンと結婚していた間のエピソードを描く。2人は1957年、大学で出会い、恋人同士となると1962年に結婚。彼らはビートルマニアやツアー、浮気やドラッグも乗り越え結婚生活を続けたが、1968年に破局した。彼女はその後、2005年に出版された「John」を含む2冊の自伝を書き、2015年に他界。劇作家のマイク・ホウルは数々のビートルズ曲のインスピレーション源を含んだ詳しい調査を行った。この劇で彼は、ジョンやジョンの音楽に対するシンシアの強い影響力を描いている。これは、ジョンの未亡人であるヨーコ・オノが通常ジョンのビートルズ時代よりもソロでの活動期を優先する事に反したものだ。