Aug 10 2019

CCRが新譜『Live at Woodstock』をリリース

1969年の伝説、NYでのフェスティバル以来、初めてC C R(クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル)がウッドストックでのライブ音源『Live at Woodstock』をリリースした。CCRの創設メンバーが活動していた期間は1967年から1970年と短かったが、その間だけで非常に非常に多くの曲をレコーディングしていた。1969年、CCRはその絶頂期にあった。3枚のヒットアルバムをリリース、「Bad Moon Rising」「Proud Mary」「Green River」に代表される多くのヒット曲を生んだが、それらの全てがこのライブアルバムに含まれている。バンドのリーダーだったジョン・フォガーティは最初、このライブレコーディングは質が低いとリリースを拒んだらしい。CCRは最初10時から演奏する予定だったが、時間が押して結局何時間も遅れた。特にグレートフル・デッドの長いセットに対して、フォガーティは彼らの長すぎる演奏が観客をうんざりさせ、眠りに誘ったと思ったらしい。しかし、CCRファンはこのライブ・レコーディングを待ち焦がれていた。評論家の評価も非常に高くなっている。