Aug 25 2019

Adam Deitchが初のソロアルバムを発売

ドラマーのアダム・デイッチが最初のソロアルバム『Egyptian Secrets』を8月23日に発売した。デイッチはジャズ・ファンク・バンドのレタスと定期的に活動、また長い間ジャズギタリストのジョン・スコフィールドのドラマーとして活躍、エレクトロニック・アーティストのプリティ・ライツとも共演を続けている。彼はまた50セントやタリブ・クウェリ、レディシなどのプロデュースも手がけている。彼はプロ・ドラマーの両親の間に生まれつきのドラマーとして誕生、その才能をバークレー音楽学院でさらに育てた。

このアルバムについて、彼は制作スタイルはオーガニック(ポストプロダクションも編集もなし)で、彼のファンキー、ヒップホップなテイストに60年代のヴァーヴやブルーノートのフレーバーをミックスしたと言っている。このアルバムには、オルガン奏者のウィル・ブレイズ、トランペット奏者のエリック・ベニー・ブルーム、サックス奏者のライアン・ゾイディスに加え、ジョン・スコフィールドが何曲か参加している。