Aug 25 2019

紅茶会社がGrateful Deadにインスパイアされた紅茶を発表

アメリカの紅茶を代表する紅茶会社セレッシャルシーズニングが新たなフレーバーティー、ランブル・オン・ローズを発表した。このフレーバーティーはサンフランシスコをベースに活躍するバンド、グレイトフルデッドにインスパイアされたという。「Ramble On Rose」は元々ギタリストのジェリー・ガルシアと作詞家のロバート・ハンターの共作で「Europe ’72」アルバムに初めて登場した。紅茶の外装もグレイトフルデッドにインスパイアされた髑髏とバラだ。ただ、これはグレイトフルデッドにまつわる初めての食品ではない。これ以前にもアイスクリーム会社のベン&ジェリーが1995年に他界したデッドのギタリストの記念として「Cherry Garcia」を発売、その後人気のフレーバーとして定着している。今後もビール会社ドッグフィッシュ・ヘッドがグラノラ・フレーバーのビール「American Beauty」を発売予定だが、これは1970年に発売されたデッドの5枚目のアルバムの名前をとったものだ。