Sep 14 2019

Daniel Johnston、心臓発作で他界

エキセントリックなシンガーソングライターだったダニエル・ジョンストンが58歳という若さで、心臓発作を起こし死去した。彼の音楽キャリアは安いカセットレコーダーにオリジナルの歌を録音、テキサス州オースティンの彼が働いていたマクドナルドで客に無料配布していたところからスタートしている。創造的で子供みたいな曲は有名になっていった。ヨ・ラ・テンゴ、フレーミング・リップス、トム・ウェイツ、ベック、ジャド・フェアら多くのアーティストがコピーした。

ジョンストンは統合失調症を患っており、飛行機墜落事故を起こしたあとはしばらく精神病院に入院していたが、その後海外ツアーを行うなど活動を再開。彼はインディーズのレーベルからアルバムをリリース、のちにアトランティックと契約を結んだ。

彼は不合理で、一貫性がなく、信頼できないことも多かったが、カルト的な人気を博した。1993年、レコード・エクスチェンジというレコード店が彼に壁画の制作を依頼。彼が「ジェレマイヤ・ザ ・イノセント」と名付けた、「Hi How Are You?」と吹き出しのついたカエルの壁画はオースティンの観光名所にもなっている。カート・コヴァーンはローリング・ストーンのカバーにもなったバージョンのTシャツをよく着用した。ジョンストンの驚くべき人生を綴ったドキュメンタリー「The Devil and Daniel Johnston」は2005年に制作されている。

安らかに。