Nov 09 2019

Paula Whiteがトランプ大統領の宗教アドバイザーに

トランプ大統領は、プロスパリティ・ゴスペルの牧師として有名なポーラ・ホワイトを宗教アドバイザーとして指名した。トランプ自身は聖書についての知見を見せることはないが、彼の票田であるクリスチャン保守にとっては重要な事だ。しかしポーラ・ホワイト牧師はスキャンダルにまみれている。彼女の利益重視な教団運営スタイルは他の牧師らに山師、異端と呼ばれる。例えば、彼女は自分の教会のメンバーに、人生の問題全てをクリアにする「復活の種」というものを推奨1144ドルの「寄付」で提供、その金額の根拠はヨハネの書、11章の44に神が自ら記したとしている。2015年に彼女はジャーニーのジョナサン・ケインと3回目の結婚をした。ケインとホワイトの関係、彼女とトランプの関係はバンドに大きな緊張をもたらし、ジャーニーの共同創立者、ニール・ショーンとの関係も悪化、バンドに解散の危機をもたらした。