May 03 2021

Wavy Gravyのためのチャリティ・ショーが5月に開幕

ヒッピーのアイドル、ウェーヴィ・グレイヴィーのためのチャリティ・セレブレーションが5月の14日から16日に予定されている。

ウェーヴィ・グレイヴィーには音楽業界の中でも驚くべき、また少し奇妙な歴史がある。彼は基本的にはピエロかつ平和活動主義者だが、他の多くの経験の中に、グリニッチ・ヴィレッジ・ミュージック・カフェの出演交渉契約担当者があり、ニューヨークではボブ・ディランと短期間同居していたり、俳優でミュージシャンのタイニー・ティムのマネージメントをしたり、ウッドストックのMCを務め、ホグ・ファームと呼ばれるコミューンを開始(ここで豚の世話をすることで無料で住み込みできる取り決めを農家としていた)、音楽フェスティバルで人気のライト・ショーを取り仕切ったり、ラジオのDJとして番組を持っていたり、反原発運動家として活動、子供のためのキャンプを設立し、1時期にはベン&ジェリーズのアイスクリームに彼の名前をとったフレーバーがあった。また、彼はSEVAというチャリティ基金を立ち上げ、恵まれない人々のために眼科のケアを提供できるよう計らった。今度のフェスティバルはSEVAのためのチャリティで、出演者にはジャクソン・ブラウン、ボニー・レイット、マリア・マルダー、ジョン・バエズ、ボブ・ウィアー、スーザン・テデスキ&デレック・トラックス、グラハム・ナッシュ、マイケル・フランティや、ベン・ハーパーらが名を連ねている。