Oct 16 2021

Velvet Undergroundの新たなドキュメンタリーがアップルから

アップルから、トッド・ヘインズ監督(ヴェルヴェット・ゴールドマイン、I’m Not There )によるヴェルヴェット・アンダーグラウンドの新しいドキュメンタリーが配信される。2時間1分にわたるニューヨークの精力的なロックバンドについての長編映画は、10月15日、全米の映画館にて封切られた。このバンドは1964年に結成され、最盛期のメンバーは1965年に集ったルー・リード、ジョン・ケイル、スターリング・モリソンとモー・タッカー。彼らのチャート最高位アルバムは1967年のデビューアルバム『Velvet Underground & Nico』で、チャート171位。このアルバムでは当時珍しかった麻薬の過剰使用、売春やSMをトピックに扱っている。チャート順位とは裏腹に、彼らは異様なまでに影響力の強いグループとなった。ブライアン・イーノはヴェルヴェット・アンダーグラウンドが3万枚しか売り上げがなかったことに言及し「この3万枚のアルバムを買った全員がバンドを始めた」と称した。