Dec 13 2021

Tower of PowerのシンガーRay Greeneが脱退、サンタナに移籍

タワー・オブ・パワーのシンガー、レイ・グリーンが以前の雇い主であるサンタナに戻ることになった。多くのバンドはシンガーが1度でも脱退すると人気を落とすものだが、驚くべきことに、タワー・オブ・パワーは今までにリードシンガーを11人変更しながらも50年以上もその人気を保ってきているのだ!今度は、以前リードシンガーを務めていたラリー・ブラッグスが戻ってくるようだ。かたやサンタナもリードシンガーを次々変えて(9度ほどと思われる)きたが、こちらもいまだに世界中をツアーして回る強いバンドだ。しかし、サンタナはメインプレイヤーのカルロス・サンタナが「予想外の心臓手術」を必要としているとして、7回のライブをキャンセル。カルロスは74歳となるが、速やかな回復を祈る。