Feb 28 2022

Tower Records Sunsetが閉店へ

音楽のランドマークと言っても過言でないタワーレコード・サンセットが解体、8月にはシュプリームのストアとして開店する。タワーのサンセット・ストアは南カリフォルニア最初の店舗として1971年に開店。サンセット大通りに面し、ウィスキー・ア・ゴーゴーなど数多くのライブハウスに近接、レインボウ・バー・アンド・グリル、「ザ・ライオット・ハウス」のニックネームを持つハイアットホテルも近く、サンセット通りの音楽シーンの錨として機能していた。このストアは、レコードや媒体音楽だけを扱う店舗がまだ非常に少なかった時代に約2640平方メートルの床面積を誇り、1974年にはギネスの世界記録にも掲載された。この店舗の数多くのセレクションを目当てに、様々なジャンルを愛好する音楽ファン(ロックスター、音楽業界の人々、様々なセレブも含む)が詰めかけた。エルトン・ジョンはこの店舗に行くと何時間も探索し、100枚単位でアルバムを購入することで知られていた。店舗には、その後クラシック音楽やビデオのコーナーも併設。多くのスタッフはミュージシャンで、アクセル・ローズ、スラッシュ、デイヴ・グロール、ヴェルヴェット・リヴォルヴァーのデイヴ・クシュナーやプロデューサーのシルヴィア・メッセーらも一時ここで働いていた。ハリウッドのど真ん中に位置することから、歴史的なインストアライブも多く開催している。2006年にタワー・レコードが清算されたことにより閉店。閉店後、短期間服屋として開店した。その後、音楽イベントや映画のために、昔のタワーレコードと同じようにペイント直しされた。ギブソン・ミュージック・インストゥルメントが長期間リースの契約を締結したが、開示されない理由によりすぐ解除。近年、映画『Pam & Tommy』の撮影用にタワーレコードに見えるよう化粧直しをされた。世紀のレコードストアの一つだった。RIP