マルチプラチナム・ラッパーのジェイZ(本名ショーン・カーター)が、デフ・ジャム・レコードの社長を辞 任する。アーティストとしては今後もユニバーサル傘下のロッカフェラ・レコードで音楽活動を続ける予定だ。ジェイZの最新作『アメリカン・ギャングス ター』 は、デンゼル・ワシントンとロバート・デニーロがギャングスター役で主演している同タイトルの映画からインスピレーションを受けたという。すでに全米で ヒット作となっているこの映画は、多くの評論家が2007年ベスト作品に挙げている。ジェイZの在籍中はリアーナとネー・ヨーで大ヒットを飛ばしたデフ・ ジャムだが、同レーベルのアーティストだったジェイZの存在は、レーベルに余計な利害の衝突をもたらしたと指摘する声もある。他レーベルへの移籍、もしく は音楽プロデュース業や不動産、バスケットボール・チームのニュージャージー・ネッツ、40/40クラブ、クロージングラインのロカウェア、アーマデー ル・ウォッカへの投資などビジネスに専念するのかどうか、今後のジェイZの動向が気になるところだ。

最近行われたアイク・ターナーの葬儀で、プロデューサー/殺人容疑者のフィル・スペクターが旧 友のためにまとまりのないスピーチを披露した。スペクターはスピーチの中で、葬儀には参列しなかったティナ・ターナーと、飲んだくれの麻薬中毒者で家庭内 暴力を振るうプレイボーイの夫としてアイクを描いた映画「ワッツ・ラブ・ゴット・トウ・ウィズ・イット」を“ゴミ同然の作品”として厳しく非難した。スペ クターはアイクの演奏と作曲能力を褒め称え、ティナ・ターナーを創り上げたのはアイクだったと語った。

1962年から78年まで結婚して いたアイク&ターナーは、数々のヒット曲を世に送り出した。アイクは、ティナと出会う前から成功したプロデューサー/ミュージシャンとして活動していた。 無名だったティナは彼と離婚後、一気にスターダムの頂点へと駆け上ったがアイクは刑務所で過ごす人生を辿る。ティナに対する暴力を長年否定し続けていたア イクだったが、自伝の中で“俺はティナをひっぱたき・・・、殴ったこともある、だけどひどい暴力をふるったことは一度もなかった。”と明言している。アイ クはこれまでに少なくも4回(中には14回だと指摘する声もある)の結婚を経験している。ティナと離婚後は、元アイケッツのメンバー2人と結婚したことも ある。

071226_1ジャズ・ピアニスト/作曲家のオスカー・ピーターソンが享年82歳でこの世を去った。5 歳でピアノを始めたカナダ人ミュージシャンは、最も影響を受けたアーティストとしてアート・テイタムの名をよく挙げていた。ピーターソンは、長年に渡って 繁栄を続けたキャリアの中で数多くのビッグネームと共演を行ってきた。中でも彼の名サポーター陣としてよく知られるベーシストのレイ・ブラウン、ギタリス トのバーニー・カッセルらと度々トリオを組んで演奏していた。1993年に脳梗塞で倒れたオスカーだったが、体調を理由に音楽活動のペースを変えることな く世界中で公演を続けていた。2004年には来日し、トロントで行われたヤマハ主催のワークショップで出会った日本人ピアニストの上原ひろみと共演を果た している。

ケニー・Gがポール・マッカートニー、ジェイムス・テイラー、ジョニ・ミッチェル、デイブ・ マシューズらに続いて、スターバックス傘下のヒアー・ミュージック・レーベルより作品をリリースする。リリースされるのは、元ウェザー・レポートのドラ マー、アレックス・アキュナが参加しているラテン・アルバム『リズム・アンド・ロマンス』で、2月5日に発売予定だ。

ザ・テイスト・オブ・ケイオス2008のラインアップが正式に発表された。アベンジド・セブンフォルド、アトレーユ、ブレット・フォー・マイ・バレンタイ ン、そして日本からはディスパーズレイ、ムックらが出演する。米デンバーで2月29日にスタートする同ツアーは、少なくとも全米43都市を訪れる予定だ。 ワープツアーの運営も行っているオーガナイザーのケビン・ライマンは、ディル・アン・グレイをアメリカに紹介した中心人物で、アメリカとヨーロッパで現在 ブームとなっているビジュアル系バンド人気の立役者でもある。

サーファー/シンガーソングライターのジャック・ジョンソンが4月12日と13日に横浜公演を行う。オープニングを務めるのはマット・コスタ。イベント詳細は以下のHPを参照のこと。

http://www.smash-jpn.com

Joel Dornグラミー賞を獲得した事のある名ジャズ・プロデューサーのジョエル・ドーンが心臓発作の ため今週の月曜日NYで亡くなっていた。享年65歳。ジョエル・ドーンは1961年にフィラデルフィアのジャズラジオのDJとして音楽業界でのキャリアを スタート。’67年にアトランティックのプロデューサーに転じ’74年まで在籍、いくつものレコード会社を創設した。長年にわたってプロデュースした ミュージシャンにはチャーリー・ミンガス、ロバータ・フラック、マックス・ローチ、キース・ジャレット、ローランド・カーク、デヴィッド・ファットヘッ ド・ニューマン、レス・マッキャン、ハンク・クロフォード、ネヴィル・ブラザーズ、ベット・ミドラー、マリオン・ウィリアムズなど。

チック・コリア、スタンリー・クラーク、アル・ディメオラ、レニー・ホワイトらが人気ジャズグ ループのリターン・トゥ・フォーエヴァーとして再結成し、全米とヨーロッパツアーに出る。日本ツアーの予定はまだ発表されていない。チック・コリア率いる 同バンドは1972年にアルバム『ライト・アズ・ア・フェザー』でデビュー、同年に初の日本ツアーも行っている。

1996年にアメリカでダブルプラチナム賞を獲得したベックのアルバム『オデレイ』に、新たに 2曲と映画『ア・ライフ・レス・オーディナリー』サントラ収録の「デッドウェイト」が追加され、さらにセカンドディスクにはB面16曲とリミックスが収録 された新仕様となってリイッシューされる。

トリプルプラチナムを達成したイギリスの小悪魔的シンガー、リリー・アレンが現在妊娠3ヶ月で、父親は交際中のケミカル・ブラザーズのエド・シモンズであることを明らかにした。