アメリカの中絶に関する方針変更に音楽業界が反応

  /  

アメリカでは、非常に人気のない反中絶法について、州にその判断をゆだねるという判例が極右勢力により強行採決された。州のうちには、すでに反女性法と呼ばれる、中絶をレイプ、近親相姦や家庭内暴力の結果のものであっても完全に違法とする方針を可決している。また、いくつかの州では上記のケースにより特例を設け、また妊娠6週までの中絶を許可する州もあるが、こちらはほとんどの女性がこの時点での妊娠には気付かないことから全く意味がないと非難されている。

アメリカの中絶する権利については、1973年のロウvs.ウェイドの判例により、明確に確立したとみなされ、法律的には規定のものと信じられてきた。

同じ週には銃の規制法については各州の問題ではなく、連邦で判断すべきものとの判例が出ている。

最高裁判事のクラレンス・トーマス氏が公然とゲイ・セックスやゲイの婚姻に関する法律、また避妊に関する法令は再考されるべき、と発言したことは自体を悪化させている。トーマスはもともと、多くのセクハラ疑惑を抱えた問題のある人物でもある。トーマスが、アメリカ国内での異人種間結婚の権利について制定した1967年のラヴィングvs.ヴァージニアの判例については触れなかったことに言及もされている。トーマスは、自身が黒人で、白人女性、ジンニと結婚している。彼女はドナルド・トランプと近しく、彼の2020年の大統領選での「大いなる嘘」を広めることにも助力していたといわれている。

これに対し、多くのミュージシャンが即座に反応。シンガー・ソングライターのアニ・ディフランコはパール・ジャムのストーン・ゴサール、ギャラクティックのスタントン・ムーア、サックス奏者のスケーリクと「Disorders」という歌を作曲、販売した金額については中絶の権利団体に寄付するとしている。スーパースターのリッゾはすでにツアーの売り上げから50万ドルを中絶の権利のために使うと表明、また彼女のプロモーターであるライブ・ネーションは、売上から100万ドルを同じ目的で用意するとしている。
元ディズニー子役で現在グラミー賞受賞のシンガー・ソングライターであるオリヴィア・ロドリゴは彼女のグラストンバリーでのパフォーマンスでこの事態に言及。リリー・アレンをステージ上に呼ぶと、この件について「アメリカで昨日起こった自体に、胸が張り裂けそうだ。悲しくて、また恐ろしくてたまらない」と情熱的なスピーチを行い、リリー・アレンが2009年にヒットさせた「Fuck You」のデュエットを最高裁に献歌した。