スラッシュ・メタルの雄、Pantera再結成

  /  ,

あり得そうもない事に思えるが、スラッシュメタルバンドのパンテラが再結成した。このバンドは1992年にリリースしたアルバム『Vulgar Display of Power』以降、90年代に絶大な人気を誇ったが、ドラッグの過剰摂取からさまざまなトラブルが発生、2001年に活動停止となった。悲劇的なことに、バンドのギタリストだった「ダイムバッグ」ダレル・アボットが次に参加したバンド、ダメージプランのライブ中にステージに狂った侵入者が飛び込み、殺害された。彼の兄弟でドラマーのヴィンセント・「ヴィニー・ポール」・アボットは2018年に心臓の異常から他界。パンテラのリバイバル・バージョンには彼らの最高の時期にメンバーだったフィル・アンセルモがボーカル、ベーシストはレックス・ブラウンに加え、オジーのギタリスト、ザック・ワイルドとアントラックスのドラマー、チャーリー・ベナンテが参加する。