Mike RogersがYoko Onoのショート・ドキュメンタリーを制作

  /  ,

東京をベースに活躍するラジオDJ兼作家兼映画監督のマイク・ロジャーズが、ヨーコ・オノの短いドキュメンタリー映画を書き下ろし・監督した。この映画は『Grapefruit』というタイトルで、オノの1964年に出版された本と同名だ。この映画は彼女のアートや哲学についてであり、ジョン・レノンや音楽との関連については特に描かれていない。この特殊な視点により、日本で最も著名な女性についてのイメージが広がることだろう。主役を演じるのはシンガーで女優のナツキ・ベレーザ。すでに数々のフィルムフェスティバルでの発表が決定しており、評価も素晴らしく高い。