待望のDanny Gattonドキュメンタリーがついにお披露目

  /  ,

今月末、待望のダニー・ガットンのドキュメンタリー『The Humbler』がフィルム・フェスティバルでお披露目となる。ガットンのあだ名だったThe Humblerの由来は、彼の演奏を聴いた全てのギタリストが謙虚(humble)な気持ちになることからといわれる。この映画にはレス・ポールやジョー・ボナマッサ、アルバート・リー、ジョン・セバスチャンら多くのインタビューが採用されている。ガットンはテレキャスター・ギターの達人で、ロカビリー・シンガーのロバート・ゴードンとの演奏が最も有名だったにもかかわらず、自身の様々なジャンル混合音楽のスタイルを「レッドネック・ジャズ」と呼んでいた。