Fishboneが公式に解散を発表

  /  

伝説的なファンク・ロック・スカバンド、フィッシュボーンが、45年を経て正式に分離をアナウンスした。
1978年の結成後、多くのメンバーの変遷を経た。一部のメンバーは離れては再度参加、また離れ、ギタリストのケンデル・ジョーンズは宗教団体に参加するために脱退した。しかし、最初の結成以来、ドラマティックなシンガー、アンジェロ・ムーアと、熟練のベースプレイヤー、ノーウッド・フィッシャーは変わらずいた。
最近のファン向けの発表によると、ノーウッド・フィッシャーと、長期間バンドのトランペット奏者だった「ダーティ・ウォルト」キビーがバンドを離れるという。
アンジェロ、キーボードのクリス・ダウド(1994年に一度バンドを離れて2018年に再度参加)、2019年にバンドに参加したギタリストのマーク・フィリップスは残留する。発表では、フィッシュボーンはすでに予定されているライブについては実施をするが、新ラインナップは不明という。また、多くのファンがノーウッドのいないフィッシュボーンはフィッシュボーンではない、と感じているという。
ノーウッドの今後のプランについては未発表だが、The Familyhood Nextsperienceというバンドのメンバーとして新シングル「To the Hilt」をリリース。このバンドには、フィッシュボーンとスイシダル・テンデンシーズのロッキー・ジョージ、それからソーシャル・ディストーションやイングリッシュ・ビートのメンバーが参加している。また、今週、ニューヨークでバッド・ブレインズのシンガーHRのためのチャリティにリビング・カラーのメンバーと参加するという。
フィッシュボーンは1985年のデビューシングル「Party at Ground Zero」以来日本では人気が続いている。彼らの初海外ライブは1986年7月の渋谷公会堂で、その後も印象的だったフジロックを含め、何度も日本に戻ってきている。